DSC02564

東京在住の友人に富良野土産として「ふらのッち」大量買いをお薦めしたら起こってしまった悲しい出来事

この週末は「ZABADAK Rannoch」のライブツアーのお手伝いで夫婦共々富良野に行っていました。毎年お手伝いさせていただいてるこのライブ、今年はいつもの9月ではなく少し早いこの時期。

さて、そのツアーメンバーのうちの一人で吉田家とはもう10年以上のお付き合いになるハープ弾きの友人・木村林太郎くんが「富良野でお土産を買いたい」というので、ラノッホの2人と吉田家2名で富良野市の中心部にある「フラノマルシェ」に行ってきました。

富良野らしくておいしそうなバラマキ土産を求めてフラノマルシェへ

IMG_8440

フラノマルシェ」は、パン屋さん、地元野菜や加工品の直売所、お土産屋さん、フードコーナーなどが入った楽しい施設です。

IMG_8449

朝からテンションMAXの林太郎。
 

さて、お土産を探していたところ、よさげなものが見つかりました。「ふらのッち」という、地元富良野のジャガイモを使って作られたポテトチップです。絵がかわいい。

うすしおとコンソメ、のり塩という定番の3味があり、値段も一袋100円ちょっとと、多くの人にばらまくお菓子としてもお手頃。1袋ずつのバラでも売っているのですが、お土産用の12袋入り段ボールという魅力的なアイテムを発見。まさにバラマキにうってつけのアイテムじゃありませんか。

吉田家、さっそく林太郎に「これ絶対いいよ!」とオススメ。かさばるのが難点ではありますが、ライブで使う楽器を積み込むためデカい車で来ているので、多少かさばる分には問題ありません。

ということで「ふらのッち」を段ボールでお買い上げ。

DSC02569

段ボールも超かわいいデザインです。やったね。これでお土産はバッチリだ。よかったね。

DSC02568

いっぱいあるので、せっかくだから一袋空けて食べてみよう。

…と、ここで同行者から衝撃のひと言が飛び出しました。

「あ、それ東京の『マイバスケット』で売ってるよ…。」

ま、マジか! 袋にはバッチリ「地域限定」って書いてあったけど、思いのほか全国流通してるんだ…。ま、まぁ現地で買ったからきっと安いよ。こっちだと一袋107円ぐらいですごく安かったし。

「東京だと100円切ってる…。」

…き、きっと現地で買った「ふらのッち」の方が新鮮でおいしいよ! あと段ボールで買えるのは(たぶん)ここだけだよ! 
よ、よかったね林太郎! いい買い物したよ林太郎。

DSC02576

激しく渦巻く失意の中「ふらのッち」をいただきましたが、ふつうにうまかったです。

…か、彼は間違いなく富良野で「ふらのっち」を買っています!

友人の名誉にかけて、彼は間違いなく北海道富良野市で「ふらのッち」を購入しておりますので、くだんのお土産を受け取られる皆様におかれましてはどうか温かい笑顔で彼からの北海道土産を受け取ってやってください。あと「ふらのッち」がふつうにおいしいこともメンバー全員で実証済みです。以上、北海道の友人からのお願いでした。

DSC02570


ほかにも富良野・美瑛の個人的おすすめスポットの記事をいくつか書いています。よろしければこちらもどうぞ。
「富良野・美瑛」タグのついた記事一覧へ



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です