美瑛のご当地メニュー「美瑛カレーうどん」は予想を裏切るつけ麺スタイル!

DSC02483

出かけると気合いを入れてうまいものを食べようとする習性があり、ある程度「これを食べる!」と決め打ちをする吉田家ですが、先日美瑛に行った時は珍しく何も決め打ちせずに出かけていたので、青い池を見た後美瑛の街中まで戻ってきて「さて何を食べよう」ということになりました。そんな中、いくつかノボリが立っているのを見つけたメニューがあります。

「美瑛カレーうどん」。なんかうまそう。食べてみます。

カレーうどんと言えば、おダシのきいたカレー味がおいしいですよね…と思っていたが

お腹が空きすぎてお店を探す気力があまりなかったので、今回は何も考えずに道の駅の「びえい丘のくら」で食べます。

ちなみにカレーうどんは実は結構好きです。独身時代は週に一回は食べてました。めんつゆベースにカレールーを入れた「そば屋のカレー」みたいな味が好きでよく作っていたのです。

待つことしばし。

やってきたそれは一般的なカレーうどんとはちょっと違ってました。

DSC02479

つけ麺スタイルじゃないですか。なんかこじゃれてるじゃないですか。

つけるカレーは、スープカレーのようなものではなく普通のルーカレー。これにうどんをつけて食べるというスタイルです。

食べてみましたが、なるほど。この発想はなかった。これはこれで美味しい。麺はけっこうコシがあっておいしいです。付け合わせの野菜は素揚げしていますがスープカレーを意識してるところもあるんでしょうかね。イモうまかった。

全てが美瑛産にこだわって作られたご当地メニューでした

これ、ほぼ全てが美瑛の食材で作られてるんだそうです。食堂の中にこんなディスプレイがありました。

DSC02487

美瑛は「香麦(こうむぎ)」という小麦の生産が盛んで、この香麦をつかったうどんを作ってるんだそう。また具材にはこれまた地元美瑛豚のしゃぶしゃぶ肉もついています。そうか、小麦だけじゃなく美瑛は豚とかも有名なんですね。

香麦、パンにしてもきっとうまいんだろうなー。気になります。

美瑛カレーうどんはいわゆるB級ご当地グルメのひとつなのですが、旅先でこういう気取らないメニューを食べるとなんだかホッとします。ごちそうもいいけど、こういう地元食材の気軽なメニューもいろいろ楽しみたいところですよね。

そしてどうやら、「新・美瑛カレーうどん」という新たなご当地メニューもあるらしく…。こっちは焼いてるそうなのですがこれは残念ながら食べられなかったのでいずれチャンスがあればレポートします。

おまけ。ヨメの注文したアスパラ丼。こっちもおいしかったです。

DSC02484


ほかにも富良野・美瑛の個人的おすすめスポットの記事をいくつか書いています。よろしければこちらもどうぞ。
「富良野・美瑛」タグのついた記事一覧へ



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です