酒屋さんが夏にオススメするすっきり味の日本酒3種類を飲み比べてきました

写真 2014-06-21 17 16 19

いつも参加しては何かしらやらかして帰ってくる料理教室のKINAですが、このたび新しいスタイルの教室を開講しますというご案内が。「ゆるKINAレッスン」と題されたその教室の第一回は、おいしい日本酒とそれに合うハーブを使った肴を楽しみながら、お酒にまつわる話を聞くゆるいレッスンみたいです。

ゆるいのか! 酒出るのか! じゃあ行きます。

三種類の夏向きな日本酒を飲み比べます

講師は、札幌の北区で「銘酒の裕多加」(ゆたか)という酒店をやってらっしゃる熊田さん。

DSC02650

まずは、講師の熊田さんオススメの、三種類の日本酒の飲み比べから始めます。

左から、「ぺん吟」(吟醸酒)、「紀土」(特別純米酒)、「チカーラ」(純米吟醸酒)。今回用意されたのは夏向きのお酒でどれもすっきりした飲み口でした。

特に「ぺん吟」は裕多加でオリジナルに作られたお酒。醸造は山形の米沢でやってるそうで、山形出身の者としては親近感あります。すっきりしてて甘口で、日本酒飲み慣れない方にもとくにお勧めできるこのお酒は、お酒のテイストはもちろんのこと、ラベルデザインやびんの色、ネーミングなどいろいろこだわって作られたものです。確かに一回見たら絶対忘れない。

他の2種類も基本はすっきりとした味ですが、紀土はどちらかというと辛口、チカーラはやや芳醇な味わいに感じました。飲んべえの舌的にはチカーラが好みでしたが、お酒を飲み慣れない方とか、暑い時にクイっと行くにはぺん吟もオススメな印象でした。

限りなく居酒屋モードな雰囲気でゆるい教室は進みます

そして、酒に合う料理いろいろ。さすが料理教室。

DSC02658

DSC02661

DSC02673

DSC02676

特に何かを調理したりすることがなく、ただ食べて飲んでしゃべって…という、文字通りの「ゆるい」展開になった今回の教室。お酒好きの参加者さんが多かったのですが(吉田家含む)、「お酒はあまり飲めないがこれを機にお酒のことを知ってみたくて…」という方もいらっしゃっていて、なるほど!と思いました。確かにこういう機会なら自分に合ったお酒をちょっとずつ試したり、相談もしやすそう。

そしてせっかくなので熊田さんにいろいろお話を伺いました。「ぺん吟」に続く新しいお酒の販売に意欲をメラメラと燃やされていて、飲みながらその構想を伺いました。詳しくはここで書いてしまうとちょっとアレなので控えますが、出たら絶対買います。お店も行ったことなかったのですが、思いのほかうちから近かったから近いうちに行ってみよう。応援してます。ぺん吟は他の人にもすすめたい。ラベルかわいいし。

ところで今回は調理がないので特に面白い展開は起こりませんでした(笑)。次回の料理教室シリーズにご期待ください。


お酒の話を扱うカテゴリを作りました。ウイスキー、日本酒、ビールなど興味の赴くままに書いております。よろしかったらこちらもどうぞ。
「飲む」カテゴリの記事一覧


銘酒の裕多加 Webサイトへ


HERB & COOKINGROOM KINA Webサイトへ




ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です