富良野のカンパーナ六花亭は、想像の斜め上を行くナイスビューイング&お手頃価格!

DSC02543

富良野と言えば、北海道ローカル雑誌のカフェ特集なんかを見て以前からずっと気になっていたお店があります。

カンパーナ六花亭。記事によれば富良野の丘陵地を眺めることの出来るでっかいテラスがあり、そこでお茶が出来るようなのですが、その眺めがすごそうでぜひ一度行ってみたいと思っていました。

実は今回の富良野紀行ではそのことをすっかり忘れていました(笑)。しかし、ふらのワイン工場に行こうと車を走らせていたらこのカンパーナ六花亭の看板があったのです。調べてみたら、工場から車でわずか1〜2分のところにあるらしい。

ちょ! 早く言ってよ!(誰が) 予定にありませんでしたが行ってみます。

想像の斜め上を行くステキなビューイング!

広大なぶどう畑のど真ん中にそのお店はありました。

DSC02539

ぶどう畑は、当たり前ですがちゃんとぶどう育ててます。そして写真に写っている細長い建物は鐘楼。ちゃんと1時間に一回鐘が鳴ります。

DSC02545

 
噂のテラスにやってきた。確かに広い。

DSC02548

テラスからの眺め。これ、もう少し時期が進んだらもっと奇麗だろうなー。

DSC02549

 
ということで、こちらカンパーナ六花亭のオリジナルメニューのひとつ「ぶどうソフト」をいただきます。

DSC02555

ぶどうの味濃厚。しっかりしてる。んまい。

しかしこの日はあいにくの天気で風も強く、一口食べただけでテラスからは退散…。あとは室内でのんびりいただきました(笑)。

DSC02558

カフェというより、スイーツ店の喫茶室だった。だが眺めがよいことには変わらない

カンパーナ六花亭ですが、雑誌を読んだだけのイメージで勝手にふたつほど誤解をしていました。

まず、ここはてっきりカフェのみの店舗だと思っていたのですが、基本的には普通の菓子店でした。その一角に喫茶コーナーがあり、そこで注文したものを外でも食べ飲みできるという仕組み。つまり、街中にある喫茶コーナーつきの六花亭と同様のシステムでした。

スイーツはかなりお手頃価格で、さらにスイーツを注文した人はコーヒー無料サーピスがあったりと、全体的にかなりエコノミーな感じに楽しむことが出来ます。ぼくらの食べたぶどうソフトは260円でしたが、これがスイーツの中で一番高いメニューでした。もちろんコーヒーもタダでいただいてます(笑)。

そしてもうひとつの誤解、雑誌の写真だけでものすごい山の中にあるんじゃないかと勘違いしていたのですがこちらもそんなことなかったです。富良野市街から車で10分ぐらいです。ここはスイーツ食べにだけでもわざわざ行く価値あると思います。ふらのワイン工場とのセットでぜひ!


ほかにも富良野・美瑛の個人的おすすめスポットの記事をいくつか書いています。よろしければこちらもどうぞ。
「富良野・美瑛」タグのついた記事一覧へ



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です