富良野・野良窯(カフェノラ)の「日本のスープカレー」は「ただいま」って言いたくなるような味

DSC02609

年に1〜2度は富良野を訪れている吉田家ですが、富良野に行ったらほぼ毎回行っている店があります。「野良窯」さんです。

ここは、ぼくたち夫婦が何年か前からZABADAKや木村林太郎くんの北海道ライブをお手伝いさせていただくようになってからライブ会場として毎年お邪魔しているのですが、逆に言うとあまりお店として普通に利用することがありませんでした。

いい雰囲気だなーと思っていたのはメンバーも同様でした。ということで、先日の富良野ライブの翌日、ライブメンバー&スタッフ一同、野良窯でお昼ご飯を食べよう! ということに。なんでも「日本のスープカレー」という和風のスープカレーがあるんだそうです。楽しみ。

なんだか田舎の実家に帰ってきた感じのするレトロなお店「カフェノラ」

DSC02582

野良窯は、陶器ギャラリー兼カフェです。一応カフェの方は「カフェノラ」という名前になっていますが同じお店。また、陶芸教室も行われたり、土日月限定で手作りパンを販売したりもしています。

DSC02587

こちらがお店。懐かしい感じの建物です。古民家を再生したんだそう。

DSC02588

DSC02603

店内には、陶芸作品が多数並んでいます。野良窯で作られた陶器の他、こちらにゆかりのある作家さんの作品なども販売されているそうです。味があるけどシンプルで、長く付き合えそう。

DSC02596

古民家を再生しているので、こんな茶の間みたいな小上がりスペースもあって面白いです。

DSC02597

ライブの時はこの板の間になっているスペースが演奏場所になります。写真ではうまく写せませんでしたが左側の窓の外には一面畑が広がっていて、グッドビューイングです。

DSC02592

土日月限定で販売されている手作りのパン。ちょうど日曜日なのでありました。吉田家は、富良野帰りにこのパンを買って行き、うちで食べようと思いながらほとんど車中で食べ尽くしてしまいます。なつかしい感じのパンで、ほっとする味です。

さて、「日本のスープカレー」をいただきます

DSC02610

ステキな店内をいろいろ眺めているうちに「日本のスープカレー」が来ました。

一口スープを飲んでみましたが…おお、和風だ! 札幌でよく食べるような比較的コッテリした味付けとは違い、とてもあっさりして食べやすいです。

具には味の染みたダイコンや揚げ出し豆腐などが入っていて、これがスープに合ってておいしい!! 煮浸しのようなイメージで、何か実家で出てきそうな味というか、「ただいま」と言ってしまいたくなるような日本人のDNAに刻まれた味がします。でもちゃんとスープカレーなのです。面白い。なつかしいけど新しい。

お年を召した方や、札幌で食べるようなスープカレーはちょっと苦手で…という方にもぜひおすすめしたい味でした。

DSC02612

こちらは、うちのヨメが頼んだラムと豆の入ったキーマカレー。こっちは打って変わってパンチがあるスパイシーな味付けですが、それでもどこか優しい味がします。あと豆がうまい。さすが富良野。

そして器もステキなんですが、これらはすべて「野良窯」で作られた器だそうです。さすが。

野良窯は「ただいま」って言って入って行きたくなるようなお店でした

野良窯、ご覧の通りとてもレトロで落ち着いた雰囲気のステキなお店です。店主の大槻さんと、先日のライブ前に少しお話をしたのですが、ここで開かれるライブに参加するお客さんの間でも「ここに年に一回帰ってくるような気持ちだよねー」なんて話が出ていて、すでに富良野における気持ちの置き所のひとつになってます。

地続きの札幌に住んでいる吉田家としては今年中にもっかい富良野に行って、次は絶対陶芸体験をやりたいと思ってます。あとカフェのザンギ定食もおいしいらしいので気になる…(結局食い気)。

(※店内の写真は野良窯さんに許可をいただいて撮影しています。)


ほかにも富良野・美瑛の個人的おすすめスポットの記事をいくつか書いています。よろしければこちらもどうぞ。
「富良野・美瑛」タグのついた記事一覧へ


野良窯(カフェノラ)Webサイトへ



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です