ニッカウヰスキーブレンダー室推奨品「香り愉しむグラス」がなかなかの優れもの!

DSC03061

ニッカウヰスキー余市蒸留所に行った記事、番外編です。

このブログではウイスキーの記事をたびたび書いているのですが、その時ウイスキーを飲んだり写真を撮るのに必ず使っている「香り愉しむグラス」というグラスがあるのですが、これがウイスキーを飲むにはすごくちょうどいいグラスなので今日はこちらのご紹介をぜひさせてください。ウイスキー飲みなら一つ持っておいて損はないです。

「香り愉しむグラス」は、ニッカの蒸留所御用達のグラスなのです

DSC03062

この「香り愉しむグラス」、普通のお店ではほとんど見かけることのない代物なのですが、ニッカの余市蒸留所にある売店ではこのように常時たくさん売っています。

こちらのグラス、「ニッカウヰスキーブレンダー室推奨品」となっています。ニッカのブレンダーの方がテイスティングなどの目的で使っているんですって。それと、ウイスキーの試飲をする際にもこのグラスが使われています(先日は立ち寄らなかったので写真はないのですが…)。

ぼくもこの蒸留所に初めて来た時にこのグラスのことを知って買い、それ以来かれこれ6年ほど、ウイスキーを飲むときにはこのグラスをよく使っています。

ウイスキーを愉しむためにこだわったポイントがいっぱい!

DSC01783

竹鶴12年の記事で使った写真がいい感じなので流用してしまいました(笑)。

このグラスの最大の特徴は、「香り愉しむ」という名前の通り、ウイスキーの香りを逃がさず愉しむことが出来る、という点です。グラス下部が膨らんでおり、飲み口にかけてすぼまった形となっているので、香りを逃がしません。そしてグラスの形状がウイスキーを飲む時にちょうど鼻の所をすっぽり覆う形となるので、ウイスキーの香りをダイレクトに受け止めることが出来るのです。

そしてもうひとつ、飲み口の部分が薄めに作ってあって口当たりがよいのもお気に入りポイント。ウイスキーをストレートでチビチビと少しずつ味わう時でも邪魔にならないのです。これ、地味ですがよく考えられてると思います。口が薄い分、洗う時には少しだけ気を使いますが、6年使っていて今の所まだ割っていないので(笑)、たぶん他のグラスより極端に弱いってことはないと思います。

ちなみに下が膨らんでいる形なので見た目よりはたくさん量が入ります。サイズ的には200ccちょっと入るようです。ストレート、ロックの他に水割りやハイボールなどでも意外に使えます。

DSC01777

ニッカの蒸留所に行くと確実に買えますが、Amazonでも取り扱いがあります

もし蒸留所に行くことがあれば、このグラスはすごくオススメなのでぜひ買ってみてください。値段的にもお手頃なので、お酒好きな方へのお土産としてもいいなと思っています。宮城峡の蒸留所には行ったことがないですがもしかしてそちらでも売っているんじゃないかと勝手に思っています。

そして、Amazonでもこのグラスを取り扱っているところがありました。一つ400円ですがこちらは送料がかかるので、いくつかまとめ買いした方がお得かも。もしご興味ありましたら覗いてみてください。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です