コンビニ限定ビール「百人のキセキ」は、エールビールだけどややグビグビいくタイプ?

DSC03415

最近、コンビニ限定で販売されるビールって増えてきましたよね。先日このブログでも書いたヱビスのロイヤルセレクションなんかもそうですが、最近その新手が発売されたとのことでさっそく飲んでみることにしました。

サッポロビールから発売された「百人のキセキ」というビールです。

上面醗酵…ということはエールビールじゃないですか!?

DSC03426

このビール、缶に書いてある説明文を読むと「上面醗酵している」とあり、一般的に販売されているラガービール(下面醗酵)とは違う製法の、いわゆるエールビールと呼ばれる種類のビールです。

DSC03415

グラスに注いでみたら缶の色通りのけっこう濃いブラウンです。飲んでみましたが、確かにコクがけっこうある。エールビールな感じします。が、一般的なクラフトビールで感じるようなコクはそこまで強くなく、あくまで普通に売られているビールの範疇からはみ出ない程度に濃い感じ。そういう意味では飲みやすいとも言えます。

エールビールなら少しぬるめの方が味や香りが分かるかなーと思い、時間をおいてチビチビと飲んでみました。やはり少しぬるめの方がモルト系のコクはけっこう感じます。香りは、缶には「ほのかな柑橘香」とありましたが個人的にはそこまで柑橘感は感じなかったかな。

美味しいとは思うのですが、クラフトビールに慣れてるとちょっと戸惑う

これは個人の感想としてどストレートに書いてしまいますが、クラフトビールにはまってしまった身としてはちょっと戸惑ってしまったというか、若干中途半端な印象もありました。

確かに市販されている通常のビールから比べたらかなり濃厚です。ただ、エールビールとして考えると、もう少し風味とかコクとかあった方がさらに楽しめそうかなと。ちびちび口に含んで、苦みや旨みを味わいたい…というところまではいかない感じでした。

とは言え、エールピールを知らない人にとっては、この「ぬるめでちびちび飲む」という飲み方に抵抗ある人もきっと多いんだと思います。そう考えると「濃い口だけど普通のビール同様にグビグビ飲める」というキャラ付けをしたのかな、というところでしょうか(勝手な想像ですみません…)。

とはいえ、コンビニで手に入るお酒としては間違いなく最も濃厚な部類に入ると思います。決して悪くはないです。濃いめのビールが好きなら一度は飲んでみてよいかと思います。これを機に「もっと濃いめのビールを!」とクラフトビールの方に興味持ってくれる人が増えたらいいなーと思いました。

DSC03409


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!

もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です