「バウルー」で作ったホットサンドが外はこんがりサクサク、中はフワッとで激美味!

DSC03619

平日の主食はごはんですが、週末の主食はパンになることが多いよしだ家です。

ある日、ヨメが突然言いました。「ホットサンドが食べたい!」と。ホットサンドがどういう食べ物かは知っていたのですがどうやって作るかはよく分かってなかったし家ですぐ作れるものだっていうイメージ自体がなかった。

で、話を聞くになんでも「バウルー」っていうホットサンド調理用の器具がすごくいいらしいのです。興味出てきました。確かに普通のトーストもちょっと飽きてきたし試してみるか。

ホットサンドメーカーの「バウルー」をポチってみました

ということで届きました、バウルー。

DSC03570

DSC03581

箱のデザインがポップ。裏面を見ると、キャンプなどアウトドアでの使用もけっこうメインで想定されているようです。確かにこれひとつで食事まかなえるからよさそうですよね。

DSC03576

中に仕切りがあるのがダブルです。仕切りのないシングルというのもあります。ダブルはこの仕切りのおかげでパンの中央部分に焦げ目が付きます、たぶんその部分でホットサンドを分けることもできそう。うちはシングルとダブルでどっち買うか迷ったのですがダブルにしました。なんとなく焦げ目がついたほうがおいしいんじゃないかと思って。

では、さっそくバウルーでホットサンドを作ってみることにします。

挟んでバター塗って焼くだけであっという間にホットサンドが出来ます

DSC03597

まずは肝心のパン。ホットサンドには薄切りのパンが適しているとのことで8枚切りのパンを調達。具は、まずはどスタンダードなところでハムとスライスチーズ(溶けるタイプ)を準備してみました。
 

DSC03599

パンに具を挟みます。挟んだ写真だとなんだかよく分からないので、上のパンを重ねる前に撮りました。決してこのまま焼いたわけじゃありません(笑)
 

DSC03603

より香ばしくコクを出すには表面にバターを塗ると良いとのことなので、塗ります。
 

DSC03607

パンを挟んだバウルーを、両面それぞれ1〜2分ずつ火にかけます。
 

DSC03613

できた。開けた瞬間バターのいい香りがフワッと漂って食指をそそります。

さっそくかぶりついてみましたが、サクサクしてうまい!! 特に、ダブルで出来た真ん中の部分がカリカリです。ただ、中の方は適度に熱が入っただけの状態なのでフワッと感もキープしてる。いろんな食感が楽しめてなかなか美味です。
 

次に、ちょっと具だくさんなホットサンドが試してみたくなり、冷蔵庫に余っていたラタトゥイユを発見したので挟んでみました。

DSC03616

これも撮影用に上のパン重ねる前に撮ったのと、チーズはわざとずらしてます。

同じように焼きました。

DSC03619

おぉ。こんがり。
 

DSC03620

横から見た図。ちょっとはみ出ちゃってるかな。具が多いので周りはあまりしっかりはくっつかなかったです。

こちらもかぶりつきましたが、具が多いので中のラタトゥイユは温まったかな…という程度。おいしいですが、具をいっぱい挟むならその分火を長めに通したら良いのかな。要研究です。

ダブルなら、具は少なめにしてホッドサンドのサクサク感を楽しんだ方がよいかも

ホットサンド、とにかくサクサクとした食感が魅力でした。そういう意味ではあんまりたくさん具を挟むよりも、ハムとチーズといったシンプルな具の方がより楽しめるかもしれません。

ただ、たぶん具だくさんのサンドもやりようでうまくなる気がするののと、もしかしたらシングルの方が具だくさんサンドを作るには適しているかもしれません。とりあえず、うちももっとホットサンド作って研究してみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です