DSC03790

FabFilterのPro-Q 2をさっそく使ってみた。細かい所が地味にいろいろ便利になっている

先日リリースされるが早いかすぐにポチってしまった、FabFilterのEQプラグイン「Pro-Q 2」。やっと試すことが出来ました。

エンジニアではないのであまり深い音質的な部分には突っ込めないのですが、あくまで作曲を中心に行う一般ユーザーとして、主に先代Pro-Qとの使い勝手や音質の比較という意味で、Pro-Q 2の変わった点を目についた順に書いていきたいと思います。

アナライザー表示がデフォルトでPre+Postになった

立ち上げて最初に気づいた便利ポイント。これ、すごく細かい話ですがすごく便利になりました。何しろPro-Q使用時はアナライザーがデフォルトでOFFだったので、プラグインを差すたびに毎回アナライザー設定を変えていたのです。

パラメータがフローティング式になった、その分アナライザー部分が広くなった

pro-q2_1

帯域、ゲイン、Q値を調整するツマミはPro-Qでは画面下部に固定で表示されていたのですが、Pro-Q 2ではフローティング式のパネルとして表示されるようになり、その分アナライザーの部分が広く、見やすくなりました。視認性あがりました。Good。

帯域のピークをリアルタイムで表示してくれるようになった

アナライザーの周波数表示部にマウスカーソルを合わせておくと、帯域のピークをホールドして表示してくれます。キャプチャの、山の一番上の白い線がそうです。これも地味に便利です。

pro-q2_2

Band PassとTilt Shelfの2つのフィルターが追加

フィルターのタイプがPro-Qから2つ追加になりました。Band PassとTilt Shelfというやつです。

pro-q2_4

バンドパスフィルターは知ってたのですが…(上記画像の通り、特定の帯域だけを発音する)

pro-q2_3

Tilt Shelfってよく知りませんでしたが、使ってみたら上記のようなシェイプでした。ある周波数を基準としてそこから下を低く、上を高く…みたいなかかり方っぽいですね。今の所どう使うかイメージはわきませんが…。

ちなみに、フィルターのタイプを右クリックではなく下のフローティングパネルから選べるようになったのも地味に便利ポイント。

初代Pro-Qと比べてあまり音やせしなくなった…?

うーん、これは主観的な印象なのでまだまだ使い込んでみないと断言できないのですが、初代Pro-QとPro-Q 2で同じようなEQ処理をした時に、Pro-Q 2は「色気が出る」とまではいかないのですが、EQをかけてもあまり音やせしないようなイメージです。初代よりもさらに原音に忠実になったともいえるでしょうか。

初代Pro-Qって狙った帯域を上げたり下げたりは得意なのですが、(Pro-Q 2と比較しての話ですが)若干音やせしてしまうイメージもありました。まぁ基本はいらない帯域のカットがメインの用途なので個人的には特に問題にはしていませんでした(Pro-Qの記事でも書きましたが色付け用のEQは別のものを使っています)。

特に初代は色付けながなさすぎてブースト方向にかけてもまったく面白みがなかったので、基本カット方向にばかり使っていたのですが、Pro-Q 2だったら多少積極的にブースト方向で使って音を作るのもアリかなと思います。

ただ、このあたりはもうしばらく使ってみないと何とも言えないので上記の印象は参考意見程度で読んでいただけたら幸いです。気になる人は無料試用がオススメですよ。

他にも変わった点はたくさんあるっぽいけど…

他にもマッチEQとか(PowerCoreのAssimilatorを思い出す…)いろいろ新機能が付いているようなのですが、ひとまずザッと普段の制作で使いそうな部分をレビューしてみました。

特に音質の点は気になっているので、もう少しいじってみてまた印象を書いてみたいと思いますが、少なくとも利便性的な部分だけ見ても初代Pro-Qを多用している人ならアップグレードしても損はないかなという印象でした。Pro-Qをすでに持っている人なら€53程度でアップグレードできるようですよー。ちなみにPro-QとPro-Q 2は別プラグインになっています。アップグレードしてもPro-Qが消えることはないのでご安心を。


Fabfilterのプラグインは30日間無料で試用できるので、気になった方はぜひ試してみてください。
Fabfilterのサイトへ


当ブログにて、Fabfilterの他のプラグインについても記事を書いています。よろしかったらこちらも合わせてどうぞ。
Fabfilterタグのついた記事一覧へ


他にもDAWや機材・プラグインのことについていくつか記事を書いています。
カテゴリー:楽器・機材・ソフト


もし記事を読んでFabfilterのプラグイン買おうと思われた方いらっしゃいましたら、価格が10%オフになる優待メールをお送りすることができます。専用のメールフォーム用意してみました。捨てアドでOKですし、送ったから買わなきゃいけないとかではないのでお気軽にどうぞ〜。

優待メールを送ってほしいアドレス (捨てアドでOKです)

メッセージ等あればどうぞ(スパム対策のため入力必須としました。「メール希望」で構いませんので何かひと言記入お願いいたします)




ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

「FabFilterのPro-Q 2をさっそく使ってみた。細かい所が地味にいろいろ便利になっている」への1件のフィードバック

  1. 申し訳ありません、10%オフクーポンが送れなかったのでと取り敢えずここで書かせて頂きます…

    10%オフクーポンというのは学割の後に使用することも可能ですかね。
    良ければよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です