DSC03798

「プリン体・糖質ゼロ」の発泡酒4種、いっきに飲み比べてみました!

プリン体・糖質ゼロの発泡酒がアサヒ・キリン・サントリーから一斉発売されたというニュースを先日目にしました。先行して発売されていたサッポロの「極ZERO」が人気だそうで、そこに追従して各社が一斉発売した…という形でしょうか。

普段はプレミアムビールとかクラフトビールばかりに目がいってしまうぼくですが、実を言うとぼくも尿酸値は決して低くはないのです。プリン体が気にならないわけではないのです。というかこんなに一斉発売されてしまったら、いち酒好きとしては比較しないわけにはいかないじゃないですか!

とりあえず全部飲んでどれがいちばんおいしいか飲み比べてみよう。…ほら、もしかしたらうまいやつもあるかもしれないし! さっそく4社から出ている全部の発泡酒を買ってきました。よし比較だー! 本日の晩酌はプリン体も糖質も0です。わっしょい!

サッポロ 極ZERO

DSC03806

これが最初に出た「プリン体・糖質ゼロ」のビールなんですよね。味の印象としては、普通のビールがそのまま薄まった感じ。暑いところで飲まれるような、バドワイザーとかタイガーあたりのビールからコクを少し取り除いたような感じ。「薄いビール」と思って飲めば違和感はない感じでした。

アサヒ SUPER ZERO

DSC03810

ちょっとリキュールっぽいというか、第三のビール的な感じも若干あるにはあるのですが、それなりに濃いめのビールの味がします。4種類の中ではいちばんビール感を感じました。ちなみに、グラスに注いだらなぜか泡切れがすごく早かったです。成分の違いか。

キリン 淡麗PLATINUM DOUBLE

DSC03815

こちらは独特の味。ビールというより、なんというかサイダーみたいな爽やかな味とかほんのりした甘みがあります。味としては薄めですが、これはこれでそれなりの満足感的なものも感じました。ビールの味を求めてしまうと微妙だけど、ビールとして飲まなければおいしい、といった印象でした。ちなみにこれも泡切れが早かった。

サントリー おいしいZERO

DSC03802

こちらは例えて言うならノンアルコールビールみたいな、ちょっと不自然なフルーティ感がしました。あるいは典型的な第三のビールみたいな味。第三のビールみたいな感じの味が好きな人にはいいと思いますが、濃いめのビールが好きなぼく的にはちょっと口に合わないかも、という印象でした…。

とりあえず全部飲んでみたが…

というわけで1日で4種類全部飲みました。

個人的な印象としては、この中でどれか選んで飲めと言われたら、いちばんビール的な満足感のあったアサヒのSUPER ZEROかなと思います。そこそこお酒としての満足感ありました。

あと、キリンの淡麗PLATINUM DOUBLEも、ビールらしくはないのですが独特の味わいでこれはこれでたまに飲んでもいいかな、という味でした。

毎日ビールが飲みたいけど尿酸値とかいろいろ気になる…という健康志向の方にとっては、選択肢が増えたのはよいことなのかなと思います。ご参考になれば!


ちなみにこんな飲み比べセットもあるようなのでぜひご自身の舌で飲み比べてみてください〜!


このブログの「飲む」カテゴリでは、ビール、ウイスキー、日本酒などに関する記事をさまざま書いています。よろしければぜひご覧ください。
「飲む」カテゴリの記事一覧



ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!

もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です