DSC04174

中札内の道の駅にある「ビーンズ邸」の展示が面白すぎて軽く腰を抜かした…

先日行った中札内村の道の駅の中に、ちょっと昔風の洋館みたいな建物がありました。

DSC04168

豆資料館。通称ビーンズ邸。なんでもビーンズさんが住んでいた家なんだとか。

へー、そんな人がいるんだと思い、興味本位で中に入ってみたのですが…。入るなり予想だにしない展開に目を丸くしました。

DSC04180

なんだそれ、マジで!
なんとビーンズさんは架空の人物!

DSC04181

なのに設定めっちゃしっかり作ってる!

DSC04188

ビーンズさんの書斎です。逆光になっちゃってあんまりキレイに撮れてないけど普通に洋館の書斎です。

DSC04194

しかも、ビーンズさんと同棲中のフランス人彼女・ミシェルとのツーショット写真らしきもの(たぶん)も飾られていたりして、ビーンズさんの人となりが垣間見える作りになってます。

やべービーンズさんめっちゃ会ってみたい。

もちろん、本来の目的である豆のよさを伝えるところも忘れてません。

DSC04192

こっちはリビング。豆に関する本や資料、展示などがさりげな〜くおいてあります。

DSC04203

キッチンでは、豆を使った料理を紹介してます。さすがにテーブルの上にあるのはロウでできたサンプルですが…。

DSC04217

そのとなりには研究室もあります。こっちは豆そのものを展示してます。なかなか研究熱心な方だったんですね。

実在しない「ビーンズさん」の存在感がいたるところに感じられる、すげークリエイティブな展示でした!

道の駅のちょっとした博物館かと思って油断していましたが、すごい面白かったです。

このブログ記事ではあえて「ビーンズさんは実在しない」以外のネタバレは避けていますが、細部に至るまで「ビーンズさん」と同棲相手のミシェルのリアルな存在感を重視した作りになってますので、ぜひぜひ一度足を運んで、細かい家具や道具、写真やメモまでじ〜っくりみてください。

まぁ考えてみれば豆を作っているビーンズさんなんてどストレートな名前の人、いるわけないだろ、ハハハハ…って後から思いましたがこうしてパブリックな場所にこう言うのがあると見事にひっかかります(笑)。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です