「自分の考えてることを整理する」ためにブログを書くのは有効なんじゃないかと思う

例のアクセス数急落事件から1ヶ月ぐらい経ちました。

その後、ブログのアクセス数は少〜しずつ回復傾向です。おそらく「マッサン」効果じゃないかと勝手に思っているのですが、竹鶴に関するエントリがすごく読まれており、そのあたりがアクセス数を押し上げている感じ。ほぼ大半が竹鶴絡みです。

リアルで会う人に「ブログ見てます」って言われるようになってきた

そんなことより、最近リアルで会う方に「ブログ見てます」って言われる回数が増えてきた。そっちの方が単純に嬉しい。自分がどういったことに興味をもっていて、何を考えているのかを手軽に伝えられるって、それってブログの本来の役割ですよね。情報提供ももちろんいいんですが、そういうの単純に忘れてた所はある。

やっぱ何か濃いめのことを書こうと思ったら、FacebookとかTwitterだとちょっと難しいんですよねー。SNSはすぐ流れちゃうし。

「自分の考えを広く知ってほしい」とかいうおこがましい話ではなく…

そんなわけで、もっと自分の考えてることいろいろ書こう、と思ったのですが…。自分の考えを知ってほしいというより、「ぼくが何を考えているのか、ぼく自身が知りたい」みたいなところがあります。

実はおもったより考えてることって書けなくなった。前はエッセイ的なものを時々書いていたのですが、こういうの最近あまり書かなくなったな。

やっぱりこういう「思ったこと」系の記事ってあまり検索ではひっかからない=それほど読まれづらいこともあり、自然と書くペースが下がって行ったのですが、そのことで考えるクセがちょっと抜け落ちてしまったかもしれません。

このあたりを磨いていくためにはアウトプットしていくしかないんですよねー。自分との対話を続けていく必要がある。以前は少し書いていた本の感想とかも有効なんじゃないかと思っているのですが、それもずいぶん書かなくなったなー。反省。ぶっちゃけ、ちょっと書評を書いてアフィリエイト的なこともできたらいいなとは思っていたのですが、自分のためにやるというやり方の方が最終的にいい気がする。

書くこと自体にももうちょっと向き合ってみようと思っている今日この頃です。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です