2014isover

【けっこう長文】トライアンドエラー、そして「まさか」の2014年。

今日は、2014年のことを振り返って総括するために、今思っていることをすっげーいっぱい書きます。丁寧文体もお休み。ほとんど独り言とかチラシの裏みたいなものです。年末年始おヒマな人だけどうぞ。

トライアンドエラー、そして「まさか」の1年。

仕事のこと

11月頃にもういっぱい書いたのでここでは詳細は書かないが、2年半ほど勤務した職場を退職した。思っても見ない形で幕を閉じたものの、結果的には辞めるタイミングは間違っていなかったと思っている。早めに舵を切って12月をまるまる空けることで、来年からのスタートを切るための準備をいろいろと整えることが出来た。

いろいろ思うところはあったけど、今回の一件を通して見えてくる新しいものってとてもいっぱいあった。今はこれでよかったと思ってる。

なお、来年から行う仕事については主にもうひとつのブログで書いていく予定。こちらは引き続き音楽活動や個人的なことについて書いていくつもり。

ブログを1年間更新し続けた

このブログを昨年末から1年間、コンスタントに更新し続けた。10月までは毎日更新、その後体調を崩したこともあり多少隙間は空いてしまったものの、ほぼコンスタントに何か書き続けている。

去年再開したきっかけは、単純に活性の低かった2013年に焦りを感じ、「とにかく何かを発信したい!」という焦燥感的な部分があったから、そして単純に書くのが好きだからだ。今だってこうして振り返りながら長文を書いているが特に苦ではない。

また「ブログで収益をあげる」ことにも目覚めてしまった。これなら会社勤めをしながらでも自分のペースで続けられそう…という感触もあって積極的にチャレンジしていた。ネット上のことなので必要な情報はほぼネットに転がっている。実際に日々試行錯誤しながら、「いかに多くの人に読んでもらい、日々のアクセス数をあげるか」、そして「いかに紹介した商品をポチってもらうか」ということを考え続けた。

ここ2ヶ月ほどは商品やお店の紹介みたいなことは少し離れて、好きなように書きたいことを自由に書いているが、ブログを続けていく上でのノウハウとか、どうしたら読んでもらえるのか・興味をもってもらえるのかなどについては経験的に身につけることが出来た。これは今年得た大きな財産のひとつ。

ちなみに今月ちょっと嬉しかったのは「香り愉しむグラス」を、うちのサイトで一ヶ月で30個販売できたことだ。本当にありがたい。あれ、本当にいいウイスキー飲むには最適なグラスだと思うので、マッサンを見てウイスキー飲み始めた人にはぜひオススメです。

0を1にするのはエネルギーがいるが、1を100にすることはそこまで難しいことじゃない。ブログに関しては今後も続けたい。今はこうしたことを教えたり伝えたりする立場だし、何より面白いし。

演奏活動のこと

2014年は演奏活動もそれなりにコンスタントに行った。ちゃんと数えてないけど、たぶん今年は全部で15本ぐらいのステージを行ったと思う。

今年も1年間、ホテルのロイトン札幌が軸足となった。本当にお世話になった。

ここでの活動の裏テーマは「『ホテル』という一般の方にはちょっと敷居の高くなりがちな空間に、いかに人を呼ぶか」ということであり、時々人の来なさに激しくめげたりしつつも(お客さんが1人みたいな「バンドあるある」ももちろん経験した)集客を地道に行ってきた。もちろんライブでの演奏そのものも大変楽しませていただいている。

ちなみに2年以上の間、それなりに人を集めるための活動は行ってきたつもりだが、やはり音楽単体の集客力の壁みたいなものにもぶちあたっており、これは今後クリアしたい課題のひとつだ。ただしこれには音楽以外の力がやはり必要と感じている。ここで詳しくは言及しないが、基本戦略としては引き続き「ライブに来てくれるぐらい親密な友達関係をたくさん作り、そこから連鎖を起こす」であり、今後はより積極的に交友関係を増やしていきたい。
 

また、夏ぐらいに思うところあって、演奏する楽器をいちどピアノに絞ってみた。仕事も忙しいのに、あれもこれも演奏力を維持することが出来ない…というのが正直な理由。

しかし、ロイトンでの活動が活発になり、他人とのコラボレーションが増えることで最近またギターを弾くことが増えてきた。なぜなら周辺にピアノ弾きは多いがギター弾きはいないのだ。うちの奥さんも最近本格的にギターの練習を始めたこともあり、その練習に付き合っているので指もそれなりに出来つつある。

また、作曲や編曲をしているとどうしてもエレキギターを録音する機会が増える。ステージと違って録音の場合はいろんなズルが出来るので、そこまで高い演奏能力は求められずにすむ。

いちどは演奏楽器を鍵盤に絞ったものの、ギターも弾くことになったらなったで内心喜んだりしているのでたぶん今後も両方弾き続けるのだろうと思う。

その他の趣味活動

何かといろいろなことが起こった2014年ではあったが、ブログを書き始めたことでネタを真剣に探すようになり、意外と趣味活動の幅が広がってしまった年でもあった。ざっと列挙すると…

  • 料理教室に参加する
  • ミラーレスカメラを買い、写真撮影にはまる
  • 釣りを始める

こうした活動が、今になって新しいつながりを生んでいる。ありがたい。何につけ「楽しむことって大事だな」と再確認。

「準備ができてから次のステージに行く」のか「次のステージに来たから準備ができる」のか

よく、「きちんと準備が出来てから次に行きなさい」って言われる。もちろんそれはその通りだと思う。

でも、いざ出てきて思う。

完璧な準備なんてたぶん出来ない。何かが欲しければ、思い切って飛び込むしかない。

本人に許可を取っていないのに勝手に掲載するが、くだんの「会社辞めます宣言」の後、友人の長岡慶一郎氏にもらったコメントが刺さっている。

たいていのことは思い通りにならないよね~、まさか自分がっていつも思うけど、「まさか」の方がデフォだと思って、僕は楽に生きてます。

そうなのだ。世の中の大抵のことに「まさか」は起こる。会社で仕事をしていて「不測の事態に備えろ」とか「リスクコントロールをしろ」みたいな話は必ず付いてまとう。できる準備はもちろんしておいたほうがいい。でも、それを越えた事態は何かしら起こる。

そんな時に状況を打開できるのは、それまでのさまざまな経験で培ってきた対応力とか行動力、はたまた人間力でしかない。

新しい舵を切ったぱかりの身だが、ちょっと前なら「やべー、想定外だ」と慌てていたかもしれないような出来事は、この短い間にもいくつも起こっている。ただ今までと現在で違うのは、今は何をどうすればいいか、かなりの部分をイメージできているということ。自分で思っていたよりも多くのことを勝手に打ち返し始めてる。

なんだ、できるじゃん。むしろ思ってたより準備はできてる。

そんなわけで2015年のテーマは「『まさか』を楽しむ。」でいきます。何でもかかってこい。何とかしてやる。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です