給茶スポットでお茶を淹れてもらったら、ちょっとした遠足気分が味わえた

IMG_0210

本日も、ちょいと所用で玉翠園さんへお邪魔してきました。ある計画を実行するために。

実は玉翠園は、象印マホービン「マイボトル」キャンペーンの「どこでもカフェ」の給茶スポットに指定されています。日本茶の給茶スポットは札幌市内では2カ所だけです。

ここにステンレスボトルを持参すると、200円ちょいで水筒いっぱいにお茶を給茶できるのです。「ペットボトルを使わない環境への貢献と、健康的なライフスタイルを提案する取り組み」とのことですが、なんと(経済的にも)魅力な取り組み!

しかもおあつらえ向きに、今日の帰りは家まで歩こうと思っていました。真冬の散歩のお供に熱い緑茶…って、なかなかよさそうです。

給茶はもちろん、好みのお茶のテイスティングまでさせてもらえる

給茶をお願いすると、まずはどんなお茶が好みなのかを尋ねられ、最初にテイスティングをさせてもらえます。日本茶としては濃厚なのが好きだと伝えたところ、最初に深蒸し緑茶の濃厚なのを出してもらえました。

IMG_0209

うん、うまい。出してもらったのは口には合ったのですが、ふと考えてみたら、歩いてる間に飲むんだよなこれ。あまり濃厚だと散歩のお供にはつらそうです(笑)。その旨を伝えたら、少しまろやかなタイプのものを淹れてくれました。

IMG_0211

こんな感じで、目の前で急須で給茶してくれます。淹れてくれるのは日本茶インストラクターの玉木さんです。しかも100g1,500円のお茶だそうです。そんなのおいしくないわけないじゃないですか!

というわけで、気分をすっかり良くしてお店を後にし、歩きます。

IMG_0213

こんな感じで歩きながら飲んでましたが、途中でお茶を飲み飲み歩くの、遠足みたいでちょっと楽しかったです。

もちろん味も極上。ちょっとまろやかめにしてもらって大正解でした。当たり前ですがペットボトルのお茶の比じゃないです。寒さも楽しめるいい散歩になりました。また淹れてもらおう。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です