手作りヨーグルトのタネをいただいたので、早速ヨーグルト作りにチャレンジしてみました!

IMG_0451

北海道ITセンターのレッスンに来ていただいている生徒のTさんから、なんと「ヨーグルトのタネ」をいただいてしまいました! 1回やってみたかったのです。さっそく試してみました。

常温で1日放置するだけであっという間にヨーグルトが出来上がるのです

IMG_0444

タネをくれたTさんによれば「瓶にタネと牛乳を入れて常温で1日放置するだけでヨーグルトになる」とのこと。牛乳と、100均に行って手頃なビンを買い、さっそく試してみました。

手順は至って簡単。さっそくタネと牛乳を買ってきたビンの中に投入します。

IMG_0445

そのビンを、常温で放置。

IMG_0450

どこに置いてよいか迷い、居間の中のちょっとたディスプレイコーナーに置いておきました。不思議な光景。朝仕込んだこのビンを、お昼過ぎに軽くゆすってみたら…なんか固まりはじめてました。面白い!

そして翌日の朝…

かくしてこのビンは室内に1日放置。

翌朝、振ってみるといい感じに固まり感があります。そろそろ食べられるんじゃなかろうか。いったん冷蔵庫で冷やしてから食べてみることにします。蓋を開けると、新鮮なミルクのようないい匂いがします。これは期待できそう。食べてみます。

IMG_0452

おいしい! 本当にスタンダードな、普通のヨーグルトです。こういう風にタネを増やすタイプのヨーグルトというとカスピ海ヨーグルトを想像してしまうのですが、ああいう粘性の高いというかドロッとした感はなくかなりサラっとしてます。味も、クセはなくてミルクの風味と普通のヨーグルトの酸味を感じるだけ。

今はハチミツを入れて食べていますが、増やせるとなるといろいろ遊べそうです。カレーに入れてもいいし、お肉を漬け込んでもいいし…。

Tさん、どうもありがとうございました!!


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です