売るものがなくても大丈夫! サロン運営者に超オススメなネットショップ活用アイディア

スクリーンショット 2016-01-25 16.11.02

前にネットショップは簡単にできるよという記事を書いたところ、その後「興味あるけど、売るものないんだよね」という反応をいくつかいただきました。

サービスや知識を売る仕事の方、たとえばサロンを運営している方なんかは販売できる物理的なアイテムがないことも多いですよね。実はこうした方にもネットショップを活用できるチャンスがいろいろあるのです。

レッスンの予約や集金を、ネットショップを使って行う

「ネットショップ」と聞くと、何かモノを販売すべきようにイメージしてしまう方もいらっしゃると思うのですが、そんなことはないです。

たとえば「レッスンのチケットを売る」っていうのはどうでしょうか。

ショッピングカートを使ったお金の決済ができるのはもちろん、在庫数も管理できるので指定のチケット数が売れた時点で売り切れになるなど、定員の管理が楽です。

集金なんですが、お客さんにクレジットカード等で事前決済をしていただくことで、突然のキャンセルに対する代金の回収漏れとか、当日慌ててしまって料金をもらい忘れたり(嘘みたいな話ですが、レッスン後にバタバタしていると実際あるんです!(^^;))することもありません。

これ、サンプルがあった方がわかりやすいので、試しにぼくがBASEで作ったネットショップにひとつ作ってみました。ちなみにBASE、こんな感じでブログ内にも商品を貼ったりできます。

クリックすると詳細に飛びます。こんな感じの使い方ですね。ダミーなので、ためしに買ってもいいけど何も起こりません、要注意です(笑)

PDFや動画など、デジタルデータを販売する

もうひとつ、知識を販売している人向けの販売方法として「デジタルデータを販売する」という方法があります。

ネットショップでは、ワードやエクセルのファイル、PDF、写真などの画像、動画などなど、デジタルデータだったらどんなものでも売れるんです。

例えば料理のレシピ集、レッスンのレジュメ、講演で使うパワポの資料など、デジタル化した情報をたくさん持っているサロン運営者の方って多いですよね。こうしたものをそのまま商品化することだってできます。

また、「特定の業種向けの会計Excelファイル」「パワポのテンプレート」などなど、考え方次第で様々なモノが販売できます。

これもサンプルを作ってみました。

※こちらは、買っても空のExcelファイルが入っているだけですので、安価ですが決して購入なされませんよう!

ちなみにPDFファイルだったら、PCだけじゃなくスマホやタブレットでもダウンロード・閲覧が可能です。「レシピのデータが溜まっているので活用したい」とか「前に講演したセミナーの資料、このまま寝かせておくのはもったいない」などという方はぜひこうした方法も活用してみてください!

今回の説明にはBASEを利用しています

ところで今回のサンプルを作るのに、ぼくも以前にご紹介したBASEでアカウントを新たに作ってしまいました。

ちなみに今回仮に作ったネットショップはこちらです。わずか10分で作りました。
http://studiorice.base.ec

サンプルなので、現在は買っても何も起こりませんが、説明しながら自分で作ってるうちにぼくもいろいろやりたくなってきました(笑)。何か役に立ちそうなデジタルデータを作って販売してみます!



無料ショップ「BASE」のサイトへ


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0