IMG_1650

スマホでどのぐらい電子書籍が快適に読めるのか、実験してみました

「電子書籍」という言葉自体の認知度は高くなったのですが、「Kindle」っていう言葉が独り歩きしているのか、今でも「Kindleは専用の機械を買わないと読めないんでしょ?」と聞かれることがあります。

あるいは、「iPadじゃないと読めないんですよね?」と質問されたこともあります。

Kindleは、PCでもスマホでもタブレットでも何でも読めます!

そんなことはありません!

スマホでもパソコンでも、MacでもWindowsでも、iPhoneでもAndroidでも、デジタルデバイスならどんなものを使っても読めます。

さすがに今の世の中「PCもスマホも持ってない」という人はかなり少なくなってます。ということは、もう大抵の人は電子書籍が読める環境にあると言ってもいい世の中になりました。

ただ、ここで気になるのが「画面サイズ」の問題。

ほんとにスマホでも電子書籍って読みやすいの? 実験してみます

おそらく一番普及しているであろうデジタルデバイス、スマートフォン。

これで電子書籍が読めたらさぞお手軽で便利だろうなと思うのですが、小さい画面でどこまで読めるんでしょうか。これをはっきりさせないことには電子書籍ライフは開きません。

まず、結論から言います。

  • 小説など、文章主体のものはすごく読みやすい
  • マンガもほぼ違和感なく読める
  • 雑誌は若干しんどい

ではひとつひとつ、スマホ(iPhone6)で表示させながら確認してみます。お手持ちのスマホにこのぐらいの大きさの画面が表示されていると考えるとイメージしやすいかもしれません。

文章の場合

まずは文章だけの電子書籍を表示させてみます。

IMG_1647

文章はほぼ問題なく読めます。むしろ読みやすいです。ふだんスマホで文章を読むことが多いので、これは違和感ないでしょう(縦書きはあまりないかもしれませんが…)

さらに、文字サイズを自由に変更することができます。

IMG_1648

この手軽さに味をしめてしまうと、もはや紙の本には手が伸びなくなります。

マンガの場合

同じく、スマホで漫画を表示させてみました。

IMG_1649

紙のコミック単行本よりは小さいですが、違和感なく読めます。最初は「ちょっと小さいかな…」と思うものの、数ページも読んでいるとまったく気にならなくなります。

IMG_1651

ただ、欄外の注釈が多いものはもしかしたら大変かな…(いまパッと思いついたものでは攻殻機動隊とか・笑)。

IMG_1650

見開きのページも、スマホを横に傾ければつながった状態で読むことができます。

雑誌の場合

ちょっとしんどいのは雑誌でしょうか。

IMG_1652

雑誌はもともとの紙面が大きいので、スマホの画面に表示させるとさすがに字が細かいです。

IMG_1653

拡大すれば細かいところも読めます。ただ、これでたくさんの量を読むのは煩雑で、あんまり現実的じゃないかな。できればiPadなどのタブレットやPCなどで読んだ方が快適です。

スマホしか持ってなくても、ぜひ電子書籍読み始めたらいいよ!

Kindle、前もご紹介したんですが、本が時々びっくりするぐらい安くなります。

たとえば今日(2016/2/1)探した中では、いつまでこの値段かわからないけど、例えば自己啓発の名著「道は開ける」、108円でした。ぼくもポチっちゃいました。

こういうのを買うためだけでも、電子書籍を読み始めるメリット十分にあると思うのです。ほんといい時代になりました。


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。