はじめてのPhotoshop実験室「巨大パフェが浮いている、ある冬の風景」

IMG_4904_2_ec

「Photoshopってこんなことに使えるんだ!」というネタをご紹介している第3回目です。前回は「すでにあるものを消す」でしたが、今回は逆パターン「写真にないものを合成する」をやってみます。

とりあえず、タイトルの画像に何が足されてるかは…さすがに分かりますよね? 今回はこの「巨大パフェが浮いている、ある冬の風景」を作ってみます。

もう何を言っているのかわかりません。

パフェの画像を切り抜く

まずは、パフェの画像が必要ですね。

スクリーンショット 2016-02-03 11.30.48のコピー

こちらは先日帯広で食べたもの。最近の写真ストックの中から適当に選びました。

スクリーンショット 2016-02-03 11.31.06のコピー

まずはパフェの周りをざっくりと囲んで…

スクリーンショット 2016-02-03 11.31.09のコピー

周囲の背景をザクッと切り抜きます。

スクリーンショット 2016-02-03 11.35.41のコピー

画像を拡大して、周囲を消しゴムツールなどを使ってきれいに切り抜いていきます。本当はペンタブレットがあるとやりやすいのですが(っていうか持ってるのですが・笑)、面倒なので普通にトラックパッドでいきます。

スクリーンショット 2016-02-03 11.38.46のコピー

ざっくり切り抜きました。このままだと周囲のカクカクしてる部分(ジャギ)が残っていてあまりきれいではありません、

そこで、画像のふちの選択範囲をぼかして、中の画像だけ取り出します。言葉で書くと意味がわからないのですが…

スクリーンショット 2016-02-03 11.39.10のコピー

画像全体を選んで「選択範囲をぼかす」を行い、中の画像だけをカットすると…

スクリーンショット 2016-02-03 11.40.40のコピー

残された、ジャギとかふちの汚い部分が残ります。

スクリーンショット 2016-02-03 11.41.07のコピー

取り出された部分。さっきよりは滑らかになりました。これでも粗いですが、最終的に気にならなくなるのでこのぐらいでOKです。

背景画像に貼り付けて、調整する

では、このパフェを屋外の画像に貼り付けていきます。前回電線や除雪車を消したこの画像に、今回もご登場いただきます。

スクリーンショット 2016-02-03 11.47.48のコピー

まずはさっきのパフェをいきなり貼り付けます。すごい違和感。…実は最後まで調整してもあまり違和感は拭えないのですが(笑)、気にしないで先に進みます。

光の当たり具合を調整する

違和感ポイントその1。この背景写真には(写真には映っていませんが)左上に太陽があってそこから光が当たっていますが、パフェは他の場所で撮った写真なので、そうではありません。

スクリーンショット 2016-02-03 11.49.27のコピー

そこで、「照明効果」というプラグインを使って左上から光が当たっているように見せます。向きや強さなどを調整して…。

スクリーンショット 2016-02-03 11.50.33のコピー

こんな感じで、左上から光が当たっているような感じになりました。(と言いつつ、たまたまパフェ写真の光源も同じ方向だったのであまり変わらないかな…)

この写真にはもうひとつ違和感があります。光が当たっているということは、影ができるはずです。実際に写真左の車には影が当たっていますが、パフェには影がありません。

そこで、パフェに影をつけます。

スクリーンショット 2016-02-03 11.52.28のコピー

まず、パフェの画像をコピーします。

スクリーンショット 2016-02-03 11.53.04のコピー

コピーしたパフェを「塗りつぶし」という効果を使って灰色にします。

スクリーンショット 2016-02-03 11.53.39のコピー

少し透明にします。

スクリーンショット 2016-02-03 12.04.32のコピー

「自由変形」を使って影を回転&引き伸ばしして形をそれっぽく調整し、最後に、影の色が左側の影と同じになるように整えて完成です。

それと、順番が前後しましたがもうひとつ忘れてました。パフェ本体は元々至近距離で撮影したのでくっきりしてます。これが違和感なので、少しだけパフェにぼかしを入れて、遠近感を調整します。

スクリーンショット 2016-02-03 12.06.26のコピー

他に、全体の色味や影のぼかしなど、細々と調整してだいたい完成です。

できました

というわけで、何てことない冬の街の風景に空に浮かぶ巨大なパフェを合成した写真がこちらです。

IMG_4904_2

合成するものがものなので、さすがに違和感は拭えませんでした(笑)

違いがはっきりと分かりやすいよう(すでに分かるっちゅーねん)、加工前と加工後で切り替わるアニメーションを今回も作ってみました(1秒ごとに切り替わります)。

加工前・加工後をアニメーションにしてみよう

IMG_4904_anime

前回があまりにさりげなかったので今回は「絶対にありえないもの」を作ってみようと思ったのですが、さすがに違和感ありすぎました(笑)。反省。次はもうちょっと面白いの作ってみます!


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0