DSC01375

「Macに憧れてるけどOfficeのバージョンが…」って思ってる人、もう大丈夫だから早くMac買ってください!

どういうわけか、個人レッスンにいらっしゃる方のMac所持率が6割です。

すみません。母数が少ないので5名中3名とかです。事実ではありますが気持ち的に若干盛りました。まぁ、Mac使ってる方って以前よりも増えてきたなーと思っておりMac使いとしては喜ばしい限りです。

実はもうMacでも、Windowsと同じことできちゃいますよ

Macに憧れてる人って、実はいっぱいいるのではないでしょうか?

でも、仕事や学校などではずっとWindowsを使っていて「Macもよさそうだけど、でも互換性が…」などと思っている方は多いんじゃないかと思います。

特にいちばん尋ねられるのは「WordやExcelなどを使いたいけど、Officeが使えない」ってことです。

いや、使えなくはなかったんです。これまでもOffice for Macは出ていたんですが、これまでWindowsとはバージョンが違い、同じようには編集できなかったり…。

その差は、実は去年出たOffice2016でついになくなりました。WindowsとMac、どちらを使っても同じバージョンを使うことができます。

ぼくも買っちゃいました。

スクリーンショット 2016-02-23 19.24.33のコピー

ちょっとした作業はMac標準で付いているPagesやKeyNoteを使っていましたが、やはりWordやパワポは使い慣れてるのでめちゃくちゃ便利です。

ついでにいうと、個人なら月額1,200円ぐらいでOfficeを使えるようになった

昔はソフトを買うといえば電気屋に行ってパッケージを購入するのが定番でしたが、今は違います。

月額いくらで常に最新バージョンを使い続けられるという、月額課金方式(サブスクリプション式)のアプリが増えてきました。Officeもそうです。月額1,274円でWordやExcel、PowerPointなどを使い続けられます。(年間一括払いだと12,744円で2ヶ月分お得)

今まで通りのパッケージ版も3万円程度で売ってます。この計算で言うと3年近くで似たような金額にはなるんですが、3年っていったらもう次のバージョン出てますよね。そこで「あげようか、どうしようか…」とか思ってるぐらいなら毎月千円ちょっと払った方が気持ち的に楽そうです。元は取れるし。

というわけで、MacでもWindowsと変わりなくOffice使えるようになったので、そこがネックだと思っていた人は早くMac売り場に急いでください! というお知らせでした(笑)


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。