rice_ogp_logo2

「コーチング」?「コンサルティング」? 名前を迷っている間に検索順位がウナギ登りしてしまった件

RICEでやっている集客・売上UPのコーチングなんですが、すごくぶっちゃけなんですが、やっているのはコンサルティングと一緒です。

でも、あえて「コンサルティング」ではなく「コーチング」という名前をつけて出してみました。

「コンサルティング」っていうと固いかな、とか、他でこれをコーチングって呼んでるところはあんまりないなとか、いろいろ思ってのことです。

「コーチング」「コンサルティング」どっちが分かりやすい?

しかし、いざ出してみると「コーチングって分かりにくい」という声をよくいただきます。あんまり言われるので、先日の駆け込み寺のとき、駆け込んだ方全員に「コーチングとコンサルティング、どっちがイメージ的に分かりやすいですか?」と聞いたら、全ての人が「コンサルティングの方が分かりやすい」という回答。ぐぬぬ。

その日の晩の帰り道、サポートしてくれたたけしくんに「おれ、明日からコンサルティングにするよ…」とこぼしていたのですが(笑)

しかし。「コーチング」という名前を捨てられない事情が突然できてしまいました。なぜなら、想定していたよりも早く、望んていたことが起こったからです。

Google検索「売上アップ コーチング」で、もう1ページ目にやってきた。

コーチングのページが、はやくもgoogle検索で上位にひっかかるようになってきました。

しかも、昨日の時点で10位。つまり1ページ目ですよ。待っていたのはこれです。気になる人は試しに「売上アップ コーチング」でググってみてください。ページの下の方にうちのページが表示されるはずです。

もしこれが「売上アップ コンサルティング」なら競合サイトが多いからここまではいかなかったはずです。調べてみたところ…

「売上アップ コーチング」596,000件
「売上アップ コンサルティング」1,600,000件

このように、3倍ぐらいのボリュームがあります。つまり、少しレアなキーワードを使った方が早めに検索上位に来やすいということ。

しかしそれでも、敵は60万件。しかもページを公開して1ヶ月。

これで1ページめに表示。どうだ、うちのSEO。

さらには「集客 コーチング」でも17位、2ページ目です。これ、じきに1ページめに来るな。

自分でも予想しないペースで検索の1ページめに踊り出たうちのコーチング募集ページですが、実を言うと、何もしてません。せいぜいブログ内の他の記事からリンクを何件か張った程度。

じゃあ、なぜこんなに早く検索上位に入ったのでしょうか。

つまりSEOとは、長年の積み重ねでありテクニックではない。

ぼくがこのサイトのドメインである「studio-rice.org」を取得したのは2008年。ときどきブランクはあったりしましたがずっとブログを書いてきました。5〜6年ぐらい前に書いた記事が、いまも毎日検索されて読まれています。

最近はページビューはすっかり減りましたが、それでも1日200PVぐらいは維持。有名ブログからしたら全然ですが、必要な人に情報を届けるという要は十分に足りています。

つまり、Googleさんから「お前のブログは信用できる」とお墨付きをいただいている。ただそれだけのことなのです。

歴史の長いサイトはそれだけで価値があります。なにごとも「続けることが大事」ということでした。

…これでもまだ、コーチングかコンサルティングかネーミングを迷っているんですが、とりあえず現状コーチングと呼ばれているページはこちらです(笑)

コーチングのページへ


ご覧いただきありがとうございました。よろしければ以下の記事もどうぞ!


もし記事が気に入りましたらぜひシェアをお願いします!Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

投稿者:

よしだ

よしだ

Webプロデューサー、レッスン&セミナー講師、マーケティングコンサルタント。ときどきカメラマンとしても活動。